沖堤タチウオ 台風後の様子と結果

前回の釣行後、近畿地方中心に甚大な被害をもたらした台風がきました
港周辺や一部の沖の堤防でも被害をこうむっているようですが
堤防の状態とタチウオの状況の確認のため台風後に行って来ました

前回は今季初の沖堤防でタチウオ調査しましたが
不甲斐ない結果だったので再び行って来ました

日時:2018年9月15日 夕方~
場所:神戸沖堤防
潮位:—
天候:曇り
環境:ほとんど釣り人なし
ポイント:底付近のスローパターン

台風の影響とここのところずっと続いている悪天候の影響でしょうか
沖の堤防にはほとんど釣り人はいませんでした

前回、沖堤防にタチウオがいることは分かりましたが
ヒットパターンをみつけるのが遅かったので
今回はもう少し早くヒットパターンをみつけるのが目的です



まずはいつも通りZZ-STAP(ジグ)で沖の底から探っていきます

今回は意外と早く、数投目でタチウオヒット

底付近のフォール中でした

同じパターンで数本ヒット

しかし!
やはり夕マヅメになると、前回と同じくまたアタリが消えました

だいぶん暗くなってから、フラップ釣法というやり方で再びヒット

まあまあのサイズ、F3.5くらい

ヒット再開かと思いましたが再びアタリが遠のきました・・・

いろいろ試す中、次にヒットしたのはワインドシャドを使ったパターン

かなり重い引きでリールがなかなか回らない、ということは

103cmのドラゴンでした

さすがにヒットしたときは重くて思わず腰を落としてロッドをたてて
変な恰好で数秒間重い引きにグッと耐えました(笑)

このヒットした方法が今日のパターンだったようで
引き続きキャッチ数を増やしていきました

カラーが合っているのか、ルアーが合っているのか
ヒット続けている間に検証してみましたが

今回はマナティーやピンテールを使ったアクションではさっぱりで
ヒットに持ち込めるのはワインドシャドのみ

特にルミノーバが好反応でした

結果、
今回もドラゴン1本確保、ヒットパターンも最後には何とかつかめました

しかし前回もそうでしたが
あの本来ボーナスタイムであるはずの夕マヅメの時間帯、
全く反応が無くなるのはどういうことなのか、
疑問が解けません???


にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ








24時間OK レンタルキャンピングカー



ドコモ口座のおとくなモール