タチウオ釣れる時こそパターンの検証が大事!

今回もタチウオの顔を見たくて仕方がないので行ってみました

日時:2018年9月17日 夕方~
場所:神戸沖堤防
潮位:小潮
天候:曇り
環境:海賊船あり
ポイント:スローアクション

情報では早朝に青物が回っているということで
暗くなるまではサゴシやメジロも視野に入れてジギング、
暗くなったらタチウオ狙いのワインドというパターンで始めました



潮回りが小潮なので青物は少し期待薄ですが
沖堤到着後、まずはZZ-STAP(ジグ)をキャスト

すると沖の底付近、数投目でタチウオヒット
すぐにお会いできました


「ZZ-STAP 30g」

続けてヒットした同じアクションで

このアクションが正しいとすれば、ジグのカラーはどうか
カラーチェンジしてみると

いらっしゃい

やはりヒットします
このパターンで数本ヒットを続けました

その後、宙層付近でコーンときたのは

40cmくらいのサゴシでした

やはり回っているようですね

青物だけでなく海賊船も回ってきました

しかしこの後、夕マヅメになってもさっぱり反応なし・・・
海賊のせいではないと僕は信じていますが

今季特有のパターンなのです

本来、タチウオの活性が急激に上がる時合いに入るはずの夕マヅメ、
今季はその時間になると全く反応が無くなるんですよね



ようやく反応を示したのはケミ蛍が美しく輝いて見える
完全に暗くなってから

ミスバイトが多発したためワームを変更


「マナティーピンテール105」

アタリが少し遠のいたところで移動が少なく目立つワームに変更


「ワインドシャド75」

続けていると完全に反応が無くなってしまいましたが
もう少しタチウオさんとお会いしたかったので
三度ワームとアクションを変えてしつこく試すと


「マナティーピンテール105」

カラーも変えて

F3.5さん

ここで納竿

帰りの船の時間も近いのでもうやめときます

結果

タチウオの場合、たくさん釣れるととても楽しいですが
次回に繋げるなら、数が釣れたという事実はそれほど重要ではなく
どういうときにどのようにして釣ったか検証しておくことが重要です
(他魚種でも同じですが)
僕もまだまだ勉強中です~

そして釣れるときこそいろいろと気軽に検証できるのが
ルアーフィッシングの楽しさでもありますね


にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ








24時間OK レンタルキャンピングカー



ドコモ口座のおとくなモール