メバル・ガシラ神戸沖堤調査2019年初

日時:2019年1月14日(月)夜
場所:神戸沖堤
潮位:小潮
天候:晴れ
環境:次第に寒く、海若干濁りあり
ポイント:ガシラ小さいのばかり、メバル上々

今年初の神戸沖堤防、どうしても気になるので夕方から行って

どのような感じか調査してきました

まずはライトワインドで気になっていたカサゴ狙い

開始後、難なくカサゴをヒット

その後もほどほどにヒットしていきますが・・・

なにせ ヒットするカサゴは、そのほとんどが

15~17cmくらいのリリースサイズばかり

今回、カサゴは沖合いではほとんどヒットせず

ほぼ岸際に近いところばかり

しかもヒットしてもアタリが小さいため、なかなかわかりづらい

ここで一度、ライトワインドをやめてメバル狙いに変更しようということで

ジグヘッドとワームをマゴバチ(OZ)に変更

堤防をランガンしながらメバルをサーチしていると

メバルらしきライズ音が聞こえるエリアを発見

早速そのエリアを通してみるとアタリあり!

その後もアタリはあるのに乗らない、 ようやくヒットしたと

思ったらバレの連続・・・

なぜかランディングまで持って行けず、キャスト後のロッド角度や

タイミングなどを調整してようやくヒット

22cm、まずまず良型

やはりメバルはアジに比べて引きが重くて重量感がありますね

その後も同じパターンで

少し小ぶりのメバルや

まずまず良型など

反応無くなればエリアを移動、同じパターンで

まんべんなくメバルをヒット

ときには

チーバスちゃんも混じったりと(笑)

やがて突然、反応が無くなりましたが

デッドスローで乗らない軽いアタリがあるのがわかり

ワームをベタ色からプランクトンなどの微小ベイトイメージで

クリアラメ系に変更してみると


即、こたえが出ました

しかし残念ながら、ここで帰りの渡船の時間になり納竿

結果です


メバルは22cmクラスが4本ほか、

カサゴは小さいのでほとんどリリースとなりました

次回は初めからメバル狙いで行こうかな、と思っています

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ