メバリング神戸沖堤 喰いが渋いか?

日時:2019年1月27日(日)夜
場所:神戸沖堤
潮位:小潮
天候:晴れ
環境:寒波で寒い
ポイント:水温低下?非常に喰いが渋い

週末寒波が来て寒くなりましたが

今回もターゲットはメバルで神戸沖堤防へ

調査にいってきました

寒波で急に寒くなりましたが、海の中はどうでしょうか?

水温が安定していれば問題ないとは思いますが

とりあえず反応が出るまで待ちました

メバルのファーストコンタクトがあったのは暗くなりきった頃、

キュッという一瞬のアタリ

しかしその後、アタリをなかなか拾えず

エリアを変え、レンジを変えしていると

ようやくヒット、と思ったら

ヒットしたのは30cmクラスのチーバスちゃんでした(笑)

気を取り直して再開

少し早めのアクションに反応有り、活性が高いのか?!

と思いましたがアタるだけでヒットせず

試行錯誤でようやく

17cmの小ぶりのメバルちゃん

その後もなかなかヒットしない中、いろいろ試して

ヒット

そして、またまた

チーバスちゃん、お目見え(笑)

そして底を狙いすぎると、虎視眈々と狙うあの方

カサゴくん

メバルはちょこちょこ反応はありますが、そのほとんどは

コツッという軽く触れるようなアタリばかり

低活性なのか、あまり積極的な喰い気はないような感じです

しかも再現性がないので一度、この軽いアタリを逃すと

次の反応を拾うのが一苦労、というもどかしい状況

それでも何とか

ヒットしますが

反応は薄いし、アタリがあってもホントに喰いが渋くて

ちょっとイライラします

今までほとんど17~19cmくらいの個体でしたが

最後にようやく20cmオーバー、

22cmのメバルをヒット

この方は表層でヒットしましたが、よーく引きました

ここでタイムオーバー、帰りの渡船の時間です

結果です

今回はアタリも少なく、喰いが渋いので合わせるのにちょっと苦労しました

何とか釣れた感じです

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ